自動車損害保険には自賠責保険または任意保険に代表される2個の分類が用いられています。

任意保険、自賠責保険ともに、万が一のトラブルなど備えたものですが契約の中身は若干異なるのです。

自賠責保険と任意保険では補償が適用される事象が多少差別化されているのです。

※相手に対しては任意保険、自賠責保険を用いて補償されます。

※自分に対しては、「任意保険」のみで補償されるよう取り決められています。

※自分の所有する財産へは、「任意保険」を用いて補償します。

自賠責保険それのみでは、自分自身の負傷ないしは愛車に向けた賠償などのサポートは受けることができません。

そして相手に対する補償などの支援ですが自賠責保険であれば亡くなられた場合は最高額で3,000万円障害が残った場合最大額で4000万円となります。

ただし賠償額が直前に述べた額面を上回ることはよくあることに注意しましょう。

さらに続いて事故の相手の車や家屋を破壊してしまったケースに関しては加害者による自己負担となると定められているのです。

そのようなわけで任意保険という制度が必要となるのです。

危害を被った者に対する救済を重視するのが任意保険というものですが、それ以外にも機能が用意されています。

※相手方へは、死亡時もしくは負傷のほかにも、マイカー・家といったものの財産を賠償してくれるのです。

※自分へは同伴者も込みで死亡時あるいは傷害を賠償します。

※自己の財産に関しては、愛車を補償してくれます。

そういった多様な面でサポートがしっかりしているのが任意保険が持つメリットです。

月々の掛金の支出はもちろん必要となることは仕方ないですが相手方のためにも自分自身の安心のためにも車に安心して乗りたいのであれば入っておくに越したことはありません。

Copyright © 2002 www.corsofotografia.org All Rights Reserved.